• ホーム
  • 育毛剤の副作用でEDになったら里芋を食べる

育毛剤の副作用でEDになったら里芋を食べる

効果の高い育毛剤にミノキシジルがあります。
ミノキシジルは髪の毛には良い影響を与えますが、人によっては副作用としてEDが挙げられます。
薄毛に悩んでいる人は髪の毛を生やすことが最優先ですが、EDになるのも男としてのプライドを保てません。
育毛剤を使って勃起しにくいなどの自覚症状があるならば、里芋を食べて対策します。
里芋にはデトックス効果があり、血液がきれいになって全身の巡りも良くなります。
血行が良いと勃起時にたくさんの血液が送られるので、十分な硬さや大きさを手に入れられます。
里芋は乾燥に弱いので、表面が乾いているものは新鮮ではありません。
新鮮で栄養価が損なわれていないのは、表面がしっとりしていたり泥で水分の蒸発を防いだりしています。
また鮮度が落ちると黒ずみやヒビ割れが生じするため、茶色でヒビが入っていないものを選びます。
最近は調理を便利にするために、皮を剥いた状態で販売することもあります。
しかし表面が固くなっているため、美味しく里芋を食べるなら、皮付きが良いです。
皮を剥く時は、側面が6面になるように包丁を使います。
これは見た目を美しくする効果があり、ひと皮剥いたら対面を剥くようにするとバランスがとれます。
また里芋のぬめりは、煮汁を濁らせ熱伝導を妨げるので味が染み込まなくなります。
渋みやえぐみの原因でもあるため、塩を降って流水で洗い流します。
塩を振るのは皮に含まれるシュウ酸カルシウムで手が痒くなるのを防ぐためです。
里芋は鶏肉との相性が良く、精力増強や疲労回復効果がアップします。
100g当たり58キロカロリーと芋類の中でもカロリーが低く、鶏肉も部位によって脂質を減らせるので、ヘルシーな料理が完成します。